2017年2月24日ポンドドルでスキャルピング

普段はスキャルピングはしない天助です(`・∀・´)
ただ、昨日は日中動きがあまりなく、エントリーできなかったこともあり、夜にエントリーすることに。

持ち越しはあまり好きじゃないので、早めの決済をと思って結局スキャルピングのようなトレードになってしまいました。

反省です。

昨日も1時間足を軸にプランを立てました。

2017年2月24日ポンドドル1時間足

前日急上昇して今日の午前中は高値圏でもみ合いを形成、最高値をつけた押目を下抜けてから、一度戻り、三尊になって下落しています。

エントリーは三尊後の急落の前、三尊の右肩をつける部分でしています。

正直、大きく下げたその下げを取りたかったんですが・・・
わたわたスキャルピングして終わってしまいました。

だめですねぇ(ノД`)
大きな時間足から見てみましょう。

上位足の環境

まずは4時間足からです。

2017年2月24日ポンドドル4時間足

昨日のエントリー時点では、大陰線はでていない状況でした。
その時点では直近の高値を上抜けてもみ合っている状態、安値は切り上げてるし高値も切り上げたように見えます。

それならばロングとみるのが普通でしょう。
ただ、大きく見ればレンジ内の動きともとれる感じ。

もしレンジ内と見ている人が多ければ、上がれば売られるし、一概に上だと決めつけるのは危険そうです。

日足はこんな状況。

2017年2月24日ポンドドル日足

これを見るとやはりレンジ相場かなという気がします。
大きな流れは下落ですし、レンジ上限からショートという方が良さそうですね。

エントリーは5分足で行いました。

エントリーポイントと決済

エントリーポイントはいつものように大きな動きや髭、ラインなどをみて行いました。

2017年2月24日ポンドドルエントリーポイント

1回目のエントリーは、1個目の矢印部分で、1時間足をみて売りチャンスをうかがっていて、5分足レベルのネックを下抜け&長い上ひげの陰線ということでショートエントリー。

その後ひと伸びしたところですぐに決済しました。
決済理由ですが、もう夜も遅かったので長く持てなかったことと、動きが速く、思惑が外れれば一気に持って行かれそうだったためです。

その後、反転してしまったので、下落への動きがダマしになったと判断、ロングエントリーしました。

ただ、やはり下落の力が強いだろうと、ひと伸びしたところで決済。
どちらのトレードもリスクリワード1:1で10pipsほど、2回トレード合わせて20pipsほどの利益です。

その後、やはり下落していきましたね。

反省点

今回はたまたま勝てましたが、反省点が多いトレードでした。
色々問題点はありますが、一番大きな問題なのは1時間足でのエントリータイミングです。

2017年2月24日ポンドドルエントリーポイント

1回目のエントリーは、本来1時間足で何かしらのライン&陰線や陽線でも長い上ひげで止められるのが絶対条件。

それが確定した後にエントリーすべきでした。
しかし、今回はなぜか1時間足確定前にショートしています。

これはNGです。
その後のロングは1時間足の長い下髭陽線をみてロングも分からなくはないですが・・・、そもそもショートを狙っているのにロングはNG。

というわけで、勝ったけど全然駄目なトレードとなります。

一晩明けて冷静に1時間足をみると、よく分かります。

2017年2月24日ポンドドル1時間足2

きちんと1時間足で転換サインがでてから急落しています。
長い上ひげの陽線、もしくは次の陰線をみてからショートすれば大きくとれた場面。

本来はそこを仕掛けるべきで、こんなちょこちょことスキャルピングはやるべきではなかったです。

反省ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする