今日も新しい手法でトレードです

こんにちは、やさすけです。
今日は11月11日、なんか縁起が良さそうです。

さて今日のトレードですが、また新しい手法でトレードしました。
今までの手法よりも、もっと相場の本質を突いたトレードがしたい、というのが手法を変えた最大の理由です。

いや、もっと利益を出したいってのが本音かもしれませんが、とりあえずマスターできるまで少なめのロットで頑張ります。

さて今日のトレードですがドル円です。

今日も5分足です。

20141111

青枠のところで買いました。
わかりにくいので赤丸も付けています。

利食いは29pips上に、損切りは一つ前の足の安値で10pips下です。
リスク1に対して見込み利益は約3で悪くないと思います。

今までの手法の最大の弱点は、損切りも利益も20pipsと決めていたので、大きなトレンドが出ても取り逃すし、勝率が低いと総合的に負けてしまうので、とにかく勝てるところに集中して勝率を上げていました。

でも結果としてトレードチャンスが少なく、大きくもとれないので勝てても大きくは儲からないわけです。

コツコツでもいいのですが、エントリーチャンスがないときは本当にないので専業になるならきついかなと。

買いで入ったのはレジスタントラインと下降トレンドラインを上抜けてきたからです。

ブレイクアウトですね。
ブレイクアウトに飛び乗ったというわけではなく、見ての通り少し戻して再上昇したところを買っています。

ただ、ブレイクアウトならどこでもいいわけじゃなく、大前提として大きな時間足で上昇する可能性が高いというのがポイント。

1時間足です。

20141111-2

大きく見ればレンジ下限から上限に向かっている途中の押し目を買った形です。
目標は当然1時間足のレンジ上限。

昨日はチキントレードで、ビビって利益確定してしまったので、今回はいつもの指し値をおいて後はチャートを見ない作戦。

決済するとPCから音が鳴るようになっていますが、その音を聞いて見たのが上の画像というわけです。

レンジ上限びたびたで決済しようとすると、伸びきれず落ちることもあるので、上限ちょっと手前のきりのいい数字、115.30で利益確定の指し値を入れてたのですがそれにかかりました。

1回のトレードのリスクが10pipsで利益が約30pips、今までの手法ではあり得ないすばらしい結果です。

今後もこの手法磨きをかけていきたいです。
まぁ、手法と言っても本屋さんに売っている本に書いてあるレベルのトレンドラインとサポレジラインを使っただけのトレードで、建玉もブレイクアウトで建てたという何の目新しさもない方法なんですけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする