今日の日足のチャートの私の見方

チャートの見方というのは人それぞれで、時間軸も違えば手法も違いますからそれによって現状どうすべきなのか対応も見方も変わってきます。

今回は私の見方です。
私の場合デイトレードなので、基本的に日足は今の方向性を見て今後どう動く可能性が高いかを見るのにだけ使っています。

日足だけで売買しようという基準にはならないということです。
日足の流れプラス執行時間足でのサインでのトレードということになるので、日足はあくまで前段階の今日の戦略をどうするかということを考えるのに使うわけです。

トレードの執行自体のサインにならなくてもかなり重要で、その日どういったサインがでたら売買するのかを決めるのに必要で、執行時間足で同じサインが出ても日足の形次第ではトレードするかしないか変わってきます。

例えば下のチャートは今日10月18日のユーロドルの日足です。

基本的に日足の見方として、今は目先どっちの方向に動いているかというのを見ます。

横線が前回高値でサポートラインになっていますが、これがなければ目先上昇しているので本日は買いサインを拾うという戦略を立てます。

ただ、見ての通りサポートラインで止まり前日には大きめの陰線がでています。

なので、今日は反発下落する可能性がありますのでこのラインを越えてくるまでは売りサインを拾うというように私は考えています。

もちろん執行時間軸のチャートの動き次第では買い張りえないということではないのですが、基本スタンスとして売りでということですね。

日足で見るのは目先の動きが1つ。
サポートやレジスタンスとなるポイントを見るのが2つ目です。

基本的にはこの2つだけを見るので、日足の分析なんかは朝数分で終わります。
週足なんかはサポートレジスタンスがあるか見るのもいいですが、デイトレードの場合あまり影響はないと考えているので私は見ていません。

このチャートを見る限り、今日はサポートラインで止まって前日反転下落の傾向があるので、このラインを越えてくるまでは基本的には売り戦略。

そして執行時間軸の分析へと移っていくわけです。
何でもかんでも売ればいいわけではなく、執行時間軸でそれに合ったサインが出た場合のみトレードを執行するという感じですね。

簡単ですが、今日の日足のチャート分析をしてみました。

天助のトレードに大きく影響を与えた教材

天助が勝てるようになった理由の一つが、非常に良い教材で勉強できたと言うことがあると思います。

そのおかげで相場観なども身につきましたし、トレードするときの思考なども身についたのかなと思います。

どんな勉強をしたのか、どんな教材なのかについては下の記事にて詳しくかいています。

前ブログ管理者やさすけさんも天助も学んだ教材について
今回記事にするのはこのブログの以前の管理者であるやさすけさんや、私がトレードの基礎や考え方を学んだ教材についてです。

どんなトレーダー…

本当に沢山の教材を買ってきましたが、正直勿体なかったなと今は思っています(ノД`)

だって、他の教材はほとんど役に立ちませんでしたから、お金をどぶに捨てたような物でしたから・・・

いや、社会勉強にはなりましたけどね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする