眠いですがトレード報告です

おはようございます、やさすけです。
今午前4時です。

昨日ポンド円の他にもユーロドルでトレードしました。
しかし、寝るまでに勝負か付かず、散々悩んだあげくポジションを持ったまま寝ることに。

気になってしまって目が覚めたのが3時・・・
すぐ携帯でレートをチェックして思惑通りに進んでくれてたので寝ようと思ったのですが、結局4位に起きちゃいました。

いや~、眠いです。

さてトレードですが、ユーロドルでした。
まずは4時間足から見てみましょう。

ユーロドル4時間足

見ての通り上値が何度か抑えられ、そこから以前の安値に向かって進んでいる状況なのですが、これだけではトレード根拠としては物足りません。

んで出てくるのが日足です。
日足を見てみると中々売りたくなる形なんです。

日足も見てみましょう。

ユーロドル日足

+2σで頭を抑えられての下落です。
前回安値まで進みそうですが、現在中期移動平均線を超えられずにくすぶっている状況。

私はこれらを見て、この移動平均を超えて一気に値が加速するかなというシナリオを作りました。

20pips位は一気に落ちてすぐに勝負が付つくんじゃないかと。
なので、少し眠たかったのですが、売るタイミングを探しました。

30分足です。

ユーロドルトレード開始

直近の安値をしっかり下回ったところで売りました。
終値の確定は待たずに、青枠の足の真ん中の横線部分で売りました。

すぐに上下20pipsに利益確定と損切りを入れました。
上下の横線の部分です。

まだ売り買い攻防が続いていましたが、日足や4時間足は下落傾向だし、日足の中期移動平均線を下回ればある程度勢いがでて落ちるだろうから、その値下がりの中で20pips取ろうというシナリオです。

しかし、その後買いが優勢になり値は少し戻し、その後再び下落し売ったポイントで再び売り買いの攻防・・・

眠気もあって売値撤退も考えましたが、上位時間軸は優勢ですし落ちてくれるような気もしたので、悩んだあげくポジションを持ったまま寝ることに。

んで気になって3時に目が覚めたというわけです。
起きてきて4時頃にパソコンの電源を入れると決済されていました。

その時の状況がこれです。

ユーロドル決済

思った以上に落ちてない・・・
もうちょっとぐぐぐ~っと落ちると思ったんですが、想定以上に下げ渋っています・・・。

シナリオ通りではありませんが、想定通り下げてはくれましたのでよしとしましょう。
しかし、ポジションの持ち越しは疲れますね。

気になってゆっくり眠れないし、あまりしたくありません・・・。

天助のトレードに大きく影響を与えた教材

天助が勝てるようになった理由の一つが、非常に良い教材で勉強できたと言うことがあると思います。

そのおかげで相場観なども身につきましたし、トレードするときの思考なども身についたのかなと思います。

どんな勉強をしたのか、どんな教材なのかについては下の記事にて詳しくかいています。

前ブログ管理者やさすけさんも天助も学んだ教材について
今回記事にするのはこのブログの以前の管理者であるやさすけさんや、私がトレードの基礎や考え方を学んだ教材についてです。

どんなトレーダー…

本当に沢山の教材を買ってきましたが、正直勿体なかったなと今は思っています(ノД`)

だって、他の教材はほとんど役に立ちませんでしたから、お金をどぶに捨てたような物でしたから・・・

いや、社会勉強にはなりましたけどね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする