10月14日のトレード日記

こんにちは、やさすけです。
北海道は寒くなってきました・・・

峠では雪もふっているようで、部屋の中でかなり厚着をしてホッカイロを使って耐えています・・・。

さすがにそろそろ暖房つけなきゃいけませんね。
ご近所さんはつけているようですし、我が家も11月まで頑張ろうと思いましたがくじけそうです。

さて、今日はユーロドルのトレードをしました。
比較的にやりやすいトレードだったので、どういう判断でしたのか解説してみたいと思います。

まずはユーロドル4時間足をみてみましょうか。

見ての通り3本前の足で頭を前回高値で抑えられて下落しています。
なので今日は売りで入る予定でした。

201401014-4h

はじめから売りで入る予定だったので、売れる状態が整うまで待機です。
夕方まで様子を見ていると下落してきました。

30分足のチャートです。

201401014

30分足では20本移動平均線を下回り-3σにタッチして一度反発して陽線がでています。
その後再び再下落したのが青枠の陰線で、その終値で売りました。

今日の中で一番売りやすいポイントだと思います。
新規注文と同時に20pipの利益確定と損切りをOCOで注文しています。

その後様子を見ているとすぐに反発上昇してしまって、危うく損切りにかかるかという所でしたが、なんどかその後下落してくれて利益確定。

上の画像では損切りにかかっていそうな感じですが、間一髪かからず下落したみたいで、利益確定されていました。ちょっと危なかったですね。

売り執行した足は-3σにかかっていた大きな陰線だったので、もう1本様子をみてから次の足で入っても良かったかなと思います。

そしたら危なく損切りにかかりそうな体験も為なくて良かったワケですしね。
とりあえずそんなに難しいトレードではなかったと思うので、比較的トレードしやすい場面だったんじゃないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする