8月26日のトレード

こんにちは、やさすけです。
今日は豪ドル円をトレードしました。

今日は少し詳しく書いてみたいと思います。
まず私のトレードは大前提として上位時間軸に方向性があることが必要です。

今日の豪ドル円の4時間足です。

201400826-4

見ての通りかなり上昇が続いていて明らかに上昇トレンドです。
直近で少し下げていますが、黄色い丸で囲んだ陽線から再び上昇して、上に書いた黄色い線のある前回高値を狙ってくるんじゃないかという動きです。

つまり黄色い丸の陽線が出た時点で上昇トレンドだから、とりあえず前回高値まで上がるだろうと予測して狙いは買いです。

そして30分足を見ます。

201400826

ぶっちゃけ、買いで入ることは4時間足で決めているので、後は損しない場所、比較的上昇していきやすい場所で買えば良いだけです。

今日の場合は30分足で下落の流れが変わったところ、+3σに当たって陽線が出て、その後再び上昇に転じてしっかりして陽線の出た青枠の足、この終値で買いました。

真ん中の横線の所です。

ここから上下20pipに利益確定と損切りを入れて様子を見ていました。
予定通り順調にあげてくれて危なげなく利益確定です。

この30分足の形だけ見て売買しちゃうと負けます。
この形で売買した前提として、4時間足のあの形があったからできたトレードで、これが4時間足が下落トレンドだったり持ち合いの状態でこの30分足の状態になってもスルーする場面です。

まず大きな時間足でチャンスが来るのをまつ。
そして執行時間足で大きな時間足での方向に入ればかなり負けは少なくなると思います。

人によってやり方は違うとは思いますが、上位時間軸を重要な判断材料にしている人は多いはずですし、マエストロFXの佐野さんもそう言っています。

私もそう思います。
異なる時間軸同士で方向性があったときのみトレードすれば、チャンスは多少少なくても勝率は高めになると思います。

________________________________________

私のトレード法や手法に関しては色々な教材で勉強し最終的に自分なりの形に仕上げたものですが、参考にした手法や教材などは当ブログの下のページをご覧ください。
>> 私がトレードで勝てるようになるまで
________________________________________

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 津村典子 より:

    デモトレードはじめて半年の初心者です。
    大変わかりやすい説明たすかります。ありがとうございます。
    トレードの参考にしたいです。

    やさすけさんは、チャートを見る時間はどのくらいですか?
    私は長時間見ていると頭痛を起こしてしまうのですが、見るポイントを決めて効率よくする方法はありますか?

    • yasasuke より:

      僕がチャートを見ている時間ってそんなに長くないです。
      にらめっこしたからって勝てる訳じゃありませんし。

      まず4時間足で流れをチェックしてチャンスがありそうなときまで待ちます。
      なので、このときって4時間に数回しか見ません。

      これはトレードできそうな流れだと思えば30分足を見ます。
      30分間に数回見ますが、にらめっこはしません。

      ほとんどのトレードは終値で行うので、そこだけ見てれば良いって感じです。
      とはいっても動きが気になるのでちょこちょこ見ますが、仕事しながらたまにチェックするだけです。

      そんな感じなので、毎日どのくらいみるってことはないですね。
      チャンスがあれば見るけど、多分そんなに長い時間見てないです〜。