下落想定もいったんの上昇を狙って短期でロング

こんにちは、天助です( ´ ▽ ` )ノ

昨日はもうちょいドル円は上昇するかと思いましたが、思ったほど上がらず大きく下落。
今日はその流れを受けて、日足の状況を見る限り下落して終わりそうだと想定して望むことになりましたが・・・

一度上昇する可能性があると判断し、短期でロングをすることに。
どうしてそういう判断になったのか、いつも通り、日足の分析からしていきたいと思います。

上位足の背景

まずは上位足ですが、日足はこのような状態でした。

2018年2月23日ドル円日足

下落トレンド中で、調整はMAまで戻らずに大きな陰線です。
ココまでの流れだと、今日も陰線になりそうな予感がします。

基本戦略は売りと考えていますが、問題は売れる形が出来るかどうかです。
いくら売り戦略でといっても、そもそも売りの形が下位足で発生しなければ売れませんからね。

もう一つ可能性として、ここから戻して、日足レベルでWを作るようなパターンです。
無いわけではありませんが、今のところ下落中ですし、やはり売り圧力が強いのかなと思います。

何日も日足レベルで安値が更新できないようなことになればあり得ますが、今日いきなり大きく戻るというのは少々考えにくいです。

エントリーポイント

エントリーですが、1時間足をみて売ることは出来ませんでした。
しかし、1時間足レベルでは買いは入れそうな形に。

日足の想定と矛盾するので、選択肢としてはいったんの戻りを狙って短期ロングではいるか、上昇して売りの形になるまで待つかです。

今回はとりあえずいったんの上昇を取りに行こうと思いました。

1時間足に青いラインを引いて、そこからのロングを狙います。

2018年2月23日ドル円1時間足

下の青いラインに反発して少し上昇していくだろうところを狙いました。
エントリーは5分足の矢印の足。

2018年2月23日ドル円エントリー

上手く反発してくれたのでエントリーしました。
狙いはリスクリワード1:1です。

今日はそもそも下落するという想定なので、ロングは長く保有できません。

決済

決済タイミングはすぐでした。

2018年2月23日ドル円決済

10分ほどで思惑通り決済ポイントに到達したので決済。
エントリー後すぐに上昇してくれたので、ノーストレスのトレードでした。

その後の値動き

その後ですがこのような値動きに。

2018年2月23日ドル円その後

思ったより上昇しましたね。
もう一度ロング入り直せるポイントありますが、この後下落するかもしれないので入らなくて正解かな?

結局このまま上昇したら、ちょっと残念ですね。
以上、本日のトレードでした。

この記事を書いている現在、想定通り大きく下落してきていて、日足は陰線になってきていますね。

この後どうなるのか楽しみです。

天助のトレードに大きく影響を与えた教材

天助が勝てるようになった理由の一つが、非常に良い教材で勉強できたと言うことがあると思います。

そのおかげで相場観なども身につきましたし、トレードするときの思考なども身についたのかなと思います。

どんな勉強をしたのか、どんな教材なのかについては下の記事にて詳しくかいています。

前ブログ管理者やさすけさんも天助も学んだ教材について
今回記事にするのはこのブログの以前の管理者であるやさすけさんや、私がトレードの基礎や考え方を学んだ教材についてです。

どんなトレーダー…

本当に沢山の教材を買ってきましたが、正直勿体なかったなと今は思っています(ノД`)

だって、他の教材はほとんど役に立ちませんでしたから、お金をどぶに捨てたような物でしたから・・・

いや、社会勉強にはなりましたけどね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする