下落の流れに乗って下値を売る短期トレード

こんにちは、天助です(`・ω・´)

今日は久しぶりにトレードするチャンス?らしきのがあったので、トレードしてみました。

そんなにチャンスというほど大きなチャンスではなかったんですが、最近トレードできてないし薄利でも良いから取ろうかなという感じで入ったトレードです。

それではいつものように上位足から見てみましょう。

上位足の背景

まずはいつも通り日足からです。

2018年2月15日ドル円日足

先日からずっと下落しています。
直近の安値を割って明らかな下落トレンド。

毎日陰線が続いている状況ですね。
当然ですが、この状況で買うのは難しいので、入るのならショートということになりますが、ここまで落ちるとそれはそれで入るのが難しかったりします。

どこかでショートで入りたい、そんな戦略しかたてられませんね。

エントリーポイント

エントリーのポイントは1時間足で探しました。
まずは効きそうなラインを探します。

一応、下の青いラインを引いて、そこでの反発を狙ってみました。

2018年2月15日ドル円1時間足

直近で引けるラインってここくらいなんですよね。
エントリーは左上の5分足を見て行いました。

2018年2月15日ドル円エントリー

青いラインに反応したように見えたので、矢印の足でショート。
狙うのはリスクリワード1:1程度の短期トレードです。

トリプルボトムになる可能性もありますから、前々回の安値あたりが伸ばす限度でしょう。
もちろん、どんどん安値更新していく可能性もありますが、ここは安全をみていきます。

決済

その後決済はここでされました。

2018年2月15日ドル円決済

想定通り前々回の安値までは落ちたので、そこで決済です。
これ以上は怖くてちょっと伸ばせません。

もうかなり下落が続いてますから、どこで転換してもおかしくないですし、元々そんなに伸ばせるタイプではないので、このあたりが良いところでしょう。

その後の値動き

その後ですが、このような値動きになりました。

2018年2月15日ドル円その後

なかなか良いところで決済できたようですね。
もうちょい伸ばそうと欲をかいてたら損切りになっていましたね。

短期決済でしたが、まずまずのトレードだったのかなと思います。
勝率さえ高ければ、ある程度短期のトレードでも十分利益は出せるように思います。

天助のトレードに大きく影響を与えた教材

天助が勝てるようになった理由の一つが、非常に良い教材で勉強できたと言うことがあると思います。

そのおかげで相場観なども身につきましたし、トレードするときの思考なども身についたのかなと思います。

どんな勉強をしたのか、どんな教材なのかについては下の記事にて詳しくかいています。

前ブログ管理者やさすけさんも天助も学んだ教材について
今回記事にするのはこのブログの以前の管理者であるやさすけさんや、私がトレードの基礎や考え方を学んだ教材についてです。

どんなトレーダー…

本当に沢山の教材を買ってきましたが、正直勿体なかったなと今は思っています(ノД`)

だって、他の教材はほとんど役に立ちませんでしたから、お金をどぶに捨てたような物でしたから・・・

いや、社会勉強にはなりましたけどね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする