レンジ想定で上限からのショート!短期決済です

こんにちは、天助です( ´ ▽ ` )ノ

昨日のドル円はレンジで終わった1日でしたが、今日も同じようにレンジが続くと想定し、レンジでのトレード戦略を練りました。

日足を見ても方向感が出るとは考えにくかったのですよね。
というわけで、今日も上位足から見ていきます。

上位足の状況

いつものように日足から見ていきます。
ドル円の日足です。

2018年2月8日ドル円日足

昨日の日足は髭が長いレンジ相場、今日も引き続きレンジ相場になる可能性を考えました。
前々日に大きめの下髭の長い陽線がでていますから、買い圧力が強いということですし、MAが上から降りてきている下落トレンドなので売り圧力もあります。

なので、上下どちらもある売り買いの攻防がある局面。
昨日の日足を見ても、レンジ戦略が良さそうです。

レンジ戦略はレンジ上限は売る、下限は買うです。
というわけで、1時間足も見てみましょう。

エントリーポイント

エントリーポイントは1時間足で探しました。
ドル円の1時間足です。

2018年2月8日ドル円1時間足

上の水色のラインをレンジ上限と決めました。
下は何本か候補がありますが、上はこのラインが固そうなので、ここからのショートを考えます。

エントリーは5分足。

2018年2月8日ドル円エントリー

レンジ上限のライン付近に張り付いて推移した後、大きく上にブレイクします。
1個目の矢印で入りたくなるのが一般的な感情。

どう見ても上にレンジブレイクしていますから、ロングしたくなります。
でも、ここはグッと堪えます。

今日はレンジ戦略。
ブレイクするのなら見送り、レンジ内に戻ってきたらショートです。

騙しを狙うわけです。

そして、しばらく待つとやはりレンジ内に戻ってきたので、2個目の矢印でショートしました。

決済

決済はすぐでした。

2018年2月8日ドル円決済

ストンと落ちたのでリスクリワード1:1で決済。
10pipsほどですが、レンジ内なので欲張りません。

この下落は、レンジブレイクでエントリーした買い方の損切りでしょう。
そこを頂きます。

さっさと利確して今日は終わりにしましょう。
連勝してるだけでもありがたいです。

その後の値動き

その後の値動きですが、こうなりました。

2018年2月8日ドル円その後の値動き

後から見ると、そこそこ良い場所で利確出来てますね。
結局その後揉み合いなので、良い決済だったと思います。

以上、本日のトレードでした。

天助のトレードに大きく影響を与えた教材

天助が勝てるようになった理由の一つが、非常に良い教材で勉強できたと言うことがあると思います。

そのおかげで相場観なども身につきましたし、トレードするときの思考なども身についたのかなと思います。

どんな勉強をしたのか、どんな教材なのかについては下の記事にて詳しくかいています。

前ブログ管理者やさすけさんも天助も学んだ教材について
今回記事にするのはこのブログの以前の管理者であるやさすけさんや、私がトレードの基礎や考え方を学んだ教材についてです。

どんなトレーダー…

本当に沢山の教材を買ってきましたが、正直勿体なかったなと今は思っています(ノД`)

だって、他の教材はほとんど役に立ちませんでしたから、お金をどぶに捨てたような物でしたから・・・

いや、社会勉強にはなりましたけどね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする