損切りからの再エントリーのショートで何とか微益

こんにちは、天助です( ´ ▽ ` )ノ

昨日は何とか利確出来ましたが、そう運良く何度も勝てるわけではありません。

本日は損切り。
昨日は想定通り日足レベルでは実体に小さな陽線になり、1日揉み合いのような状況。

今日は、どのようになるか想定しながらトレードしましたが、残念ながら損切りに合いました。

それでは今日のトレードを改めて振り返ってみたいと思います。
いつも通り日足からです。

上位足の状況

まずは日足ですがこの状態でした。

2018年1月30日ドル円日足

昨日は小さい陰線で1日揉み合いのような形状、その揉み合いを経て今日は再下落かまだ揉み合いが続くかといった想定です。

天助は下落すると想定したので、売り場を探したいです。
日足レベルではどう見ても下落トレンドで、昨日が揉み合いなら今日は下落する可能性が高いですからね。

もちろん揉み合いが続く可能性もあるし、上昇もありえますが、可能性として売りではいる方が良いでしょう。

揉み合いだとしても小さい陰線になる可能性が高いですからね。

エントリーポイント

1時間足でエントリーポイントを探しました。

2018年1月30日ドル円1時間足

とりあえず青いラインを引いてみました。
このラインの反発でショートしたいと思います。

タイミングは5分で。
矢印の足で入りました。

2018年1月30日ドル円5分足

しっかりきいてるラインに見えますが、ちゃんとここから方向性が出てくれるか。
様子を見ていきたいと思います。

決済

しかし、残念なことにその後すぐに損切りにかかってしまいました。

2018年1月30日ドル円損切り

エントリー直後急上昇、一瞬で損切りにかかりましたね。
残念です。

当然負けることもあるので、次のトレード頑張りたいです。

その後再エントリー

その後値動きを見ていましたが、ラインを引き直しエントリー出来そうだったので、再エントリーしました。

この矢印の足です。

2018年1月30日ドル円再エントリー

先ほどの急上昇の損切りの後、結局安値を更新してきていますので、再度ラインを引き直しそのラインに反応したところでショート。

その後こうなりました。

2018年1月30日ドル円再エントリー決済

上手く利確出来ましたね。
これで最初の負けは取り返して多少利益が出ています。

明日もこの調子で頑張りたいです!

天助のトレードに大きく影響を与えた教材

天助が勝てるようになった理由の一つが、非常に良い教材で勉強できたと言うことがあると思います。

そのおかげで相場観なども身につきましたし、トレードするときの思考なども身についたのかなと思います。

どんな勉強をしたのか、どんな教材なのかについては下の記事にて詳しくかいています。

前ブログ管理者やさすけさんも天助も学んだ教材について
今回記事にするのはこのブログの以前の管理者であるやさすけさんや、私がトレードの基礎や考え方を学んだ教材についてです。

どんなトレーダー…

本当に沢山の教材を買ってきましたが、正直勿体なかったなと今は思っています(ノД`)

だって、他の教材はほとんど役に立ちませんでしたから、お金をどぶに捨てたような物でしたから・・・

いや、社会勉強にはなりましたけどね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする