下落トレンドからの反発狙いのロング!

こんにちは、天助です( ´ ▽ ` )ノ

今日は、いつものようにトレード記録なのですが、前回負けたのもあって慎重にトレードしました。

狙ったのは1時間足下落トレンドからの反発狙いのロング。
先週は日足で1本陽線でた以外は全て陰線でしたから、下落トレンドなのは明らかです。

そっからの反発狙いのロングとなります。
いつも通り上位足から見ていこうと思います。

上位足の状況

まずは日足からです。

2018年1月22日ドル円日足

ここ10日ほど1本の陽線以外は全部陰線。
非常に強い下落トレンドだと言えます。

普通に考えればショートで勝負ですが、週替わりの月曜日ということもあり、ここから流れが変わる可能性も高いです。

先週末の終わり値から窓をあけています。
ロングも十分あり得るし、下落の流れの継続もあり得る、そんな状況かなと思います。

もう少し足を落として見てみます。

エントリーポイントとタイミング

次に1時間足です。
1時間足は先週末の下落トレンドから、揉み合いを形成しています。

2018年1月22日ドル円1時間足

普通に考えればこのレンジの上限からのショート、しかし今日は月曜日で流れが変わる可能性もあります。

MAも上抜けていて、上昇の余地は十分にあります。
そこで、短期のロングを狙うことにしました。

青いラインを引いて、そこからの反発を狙います。
エントリーしたのはこのポイント。

2018年1月22日ドル円エントリーポイント

しっかり反発しています。
後は短期トレードなので、どうなるかリスクリワード1:1あたりで利確を狙いたいです。

決済

決済はこうなりました。

2018年1月22日ドル円決済

その後順調に上昇し、直近高値をブレイクしたところで決済。
ここは1時間足でみればレンジ上限なので、ブレイク後に戻されることも多いですからね。

リスクリワード1:1位ですし、悪くないタイミングでの決済だったと思います。
この後急上昇すればちょっとショックですが、それは仕方がないです。

その後の値動き

その後ですがこのような値動きになりました。

2018年1月22日ドル円その後の値動き

そこそこ良いポイントで利確出来たようですね。
あまり大きな動きはなかった1日になりそうですね。

もちろんこの後のNY時間の値動き次第ですけどね。
また明日ガンバリマス!

天助のトレードに大きく影響を与えた教材

天助が勝てるようになった理由の一つが、非常に良い教材で勉強できたと言うことがあると思います。

そのおかげで相場観なども身につきましたし、トレードするときの思考なども身についたのかなと思います。

どんな勉強をしたのか、どんな教材なのかについては下の記事にて詳しくかいています。

前ブログ管理者やさすけさんも天助も学んだ教材について
今回記事にするのはこのブログの以前の管理者であるやさすけさんや、私がトレードの基礎や考え方を学んだ教材についてです。

どんなトレーダー…

本当に沢山の教材を買ってきましたが、正直勿体なかったなと今は思っています(ノД`)

だって、他の教材はほとんど役に立ちませんでしたから、お金をどぶに捨てたような物でしたから・・・

いや、社会勉強にはなりましたけどね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする