年内最後のトレード!昨日の下落の戻り売り

お久しぶりです、天助です(`・ω・´)

ここしばらくトレードチャンスもなく、年末ということで色々忙しくてトレードが全然できませんでしたが、今日は一段落つきチャートを見ているとチャンスがありました。

昨日の日足は大きめの陰線です。
今日はその戻り売りをしてみることにしました。

まずは日足から見てみましょう。

上位足の相場環境

日足はこんな状態でした。

2017年12月29日ドル円日足

前日は陰線で、ここ数日の値動きの小ささと比較すれば大きめです。
とりあえず今日は陰線になるだろうと想定していました。

ここで買われる理由も特になさそうですからね。
売りで入ろうと決めたので、次はどこではいるか。

1時間足を見てみます。

2017年12月29日ドル円1時間足

どこで売ろうか悩みましたが、青いラインを引いてそこで待ち構えていました。
このライン、前回安値のラインです。

エントリーポイント

エントリーは先ほどのラインの反発を見て行いました。

2017年12月29日ドル円エントリーポイント

綺麗に反発したので、矢印部分でショート。
どこまで下がるかわかりませんが、少し様子を見ることにします。

決済

決済はわりとすぐにできました。

2017年12月29日ドル円決済

半分はいつも通り損切りと同じ値幅で行っています。
半分決済はすぐでしたね。

その後順調に下落し、それなりに落ちたので決済。
本当はもう少し下まで狙おうかと思ったんですが、いったん反発しそうだったのでここで降りました。

まずまずの結果です。

その後の値動き

その後ですが、もう少し下落しましたね。

2017年12月29日ドル円その後

思惑通り50のキリ番ポイントまで落ちましたね。
黙ってもうちょっと待ってれば良かったかなとも思いますが、後数pip下落するのにかなり時間もかかっていますし、この間ストレスもかかるのでさっさと決済してしまって正解かもしれません。

今回は上手く下落しましたが、その前に反発する可能性もあるわけですからね。

今年最後のトレードがうまく行って良かったです。
来年もガンバリマス!

天助のトレードに大きく影響を与えた教材

天助が勝てるようになった理由の一つが、非常に良い教材で勉強できたと言うことがあると思います。

そのおかげで相場観なども身につきましたし、トレードするときの思考なども身についたのかなと思います。

どんな勉強をしたのか、どんな教材なのかについては下の記事にて詳しくかいています。

前ブログ管理者やさすけさんも天助も学んだ教材について
今回記事にするのはこのブログの以前の管理者であるやさすけさんや、私がトレードの基礎や考え方を学んだ教材についてです。

どんなトレーダー…

本当に沢山の教材を買ってきましたが、正直勿体なかったなと今は思っています(ノД`)

だって、他の教材はほとんど役に立ちませんでしたから、お金をどぶに捨てたような物でしたから・・・

いや、社会勉強にはなりましたけどね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする