ロング建値決済からのショートで利確

こんにちは、天助です( ´ ▽ ` )ノ

先週末はトレードチャンスがなく、木金とノートレードでした。
週明けの今日はチャンスがないかなと朝からずっと監視。

先週末は上昇で終わっていますから、引き続き今日も上昇か、それとも反落か悩むところですが、なんとかエントリーしたいなと思っていたろころ・・・

チャンスがあったのエントリーしました。
今日もいつものように上位足から見ていきたいと思います。

トレードの背景とエントリーポイント

まずは日足からです。
先週の木金は陽線になっています。

2017年12月11日ドル円日足

結構激しい上昇で、木金は入るチャンスがありませんでした。
このままの流れなら、今日も陽線かなという気もしますが・・・

考えられる可能性は4つかな?

まずはスルスル上昇して陽線になる場合
この場合は、上値を買わなきゃ先週末のように入れません。

天助の苦手な環境です。

2つ目は陽線になるけど一度しっかり下がってから上げていく場合
東京時間やロンドン初動は下げ、NY時間から大きく上昇していくというパターンはありがちです。

東京時間は売りで、NY時間は天助は寝ているので見送りになりますね。

3つ目は上髭陽線やコマ足など実体があまり大きくない足になる場合です。
この場合はレンジなので上がったら売り、下がったら買いの戦略です。

最後は陰線になる場合
当然上がったら売りです。

この4パターンを想定しましたが、1つ目の午前中からスルスル上げていく場合以外は売りなんですよね。

なので、戦略としてはまずは東京時間ロングで入ってみて、上がらなそうならさっさと逃げてショートという戦略を考えてみました。

一番可能性が高そうです。

では1時間足を見てみます。

2017年12月11日ドル円1時間足

金曜日止められた高値をブレイクしましたので、ロングを検討しました。
先週の木金のように東京時間からスルスル上げて陽線になる場合、ここで入らなきゃおいていかれます。

エントリーしたのはこのポイント。

2017年12月11日ドル円エントリーポイント

ブレイクして一度戻して再上昇したところ。
この後どうなるか様子見してました。

決済

そしてスルスル上昇することを想定していたのですが、思ったように上がらなかったので、建値で決済。

2017年12月11日ドル円決済

陽線が連続してスルスル上がっていく想定でしたが、すぐに陰線でるし、その後グイグイ上がりそうもないし・・・

なんか違うなと思い決済。
建値です。

上昇しないのなら下落の想定なので、少し様子を見ていました。
さすがにすぐ途転はできませんし、売るのならある程度売れる形になってからです。

再エントリー

その後、様子を見ていると、どうも上昇は厳しそうです。
高値でもみ合って切り下げてきたので、ラインを引いてショート狙い。

青いラインにきれいに反発したところで売りました。

2017年12月11日ドル円再エントリー

決済は悩みました。
ちょっと大きめに下げそうですが、レンジになったり少し下げて再上昇もありえます。

じっくり持つところじゃないかなと思って、損切りと同じ値幅に指値を入れて放置。
すると次の足で決済されてしまいました。

2017年12月11日ドル円再エントリー決済

あぁ、下落の勢いが強い。
もっと下がりそうですね。

決済早まったかもしれません。

その後の値動き

その後ですがこうなりました。

2017年12月11日ドル円その後

あらら、やっぱり下がりましたね。
まぁ、これは今の天助の実力なのでしょうがないです。

これで日足の形状はコマ足か陰線か、それとも一度下げて下ヒゲつけた後の陽線になりそうですね。

明日の朝までどうなるかわかりませんが、自分の想定内の動きにある限りチャンスが有れば狙いたいです。

天助のトレードに大きく影響を与えた教材

天助が勝てるようになった理由の一つが、非常に良い教材で勉強できたと言うことがあると思います。

そのおかげで相場観なども身につきましたし、トレードするときの思考なども身についたのかなと思います。

どんな勉強をしたのか、どんな教材なのかについては下の記事にて詳しくかいています。

前ブログ管理者やさすけさんも天助も学んだ教材について
今回記事にするのはこのブログの以前の管理者であるやさすけさんや、私がトレードの基礎や考え方を学んだ教材についてです。

どんなトレーダー…

本当に沢山の教材を買ってきましたが、正直勿体なかったなと今は思っています(ノД`)

だって、他の教材はほとんど役に立ちませんでしたから、お金をどぶに捨てたような物でしたから・・・

いや、社会勉強にはなりましたけどね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする