短期の値動きに乗ってロング!

こんにちは、天助です( ´ ▽ ` )ノ

昨日はトレードチャンスが無く終わってしまいましたが、日足1本を見れば陰線で終わっています。

ただ、週をまたいでるということもあって、判断が難しいんですよね。
なので、今日はどう攻めるか色々考えましたが、目先の動きに乗ってロングをしてみたのです。

いつものように上位足から見ていきたいと思います。

トレードの背景とエントリーポイント

まず日足からです。
昨日は陰線ですが・・・

2017年12月5日ドル円日足

週をまたいで月曜日が陰線。
でも、金曜日の終わり値を始まりと見れば陽線なんですよね。

月曜日じゃなければ上ひげの長い陽線だったと言うことです。
そして高値も安値も切り上げています。

20MAに抑えられているようにも見えますが、下がるにしても一度上を試す可能性が高いかなと想定しました。

1時間足を見てみます。

2017年12月5日ドル円1時間足

昨日の後半急落していますが、その後揉み合いの展開に。
ここで考えられるのは、フラッグとなって再下落か、ここを底に再上昇していくかでしょう。

日足で一度上を試すかなという分析をしたので、ロングを狙うのなら、再上昇する所をとりたいです。

もし、フラッグを作って下落するにしても、フラッグ自体は下位足を見れば緩やかな上昇トレンドですから、そこを急落に気をつけながらロングで狙えそうです。

これがフラッグになるとしても、どこで下落するなんてわかりませんから、それなら下落するまでの上昇をとる方が良いです。

というわけで、青いラインを引いて、そこを目安にロングしてみることにしました。

エントリーはココです。

2017年12月5日ドル円エントリーポイント

青いラインが効いて反発したところをロング。
どこまで狙うかですが、最大でも1時間足のMAあたりまで、

フラッグになる可能性もあるので、値動きをみて早めに決済するかもしれません。

決済

結局、決済はここでおこないました。

2017年12月5日ドル円

損切りと同じ値幅、リスクリワード1:1で決済です。
6pipsほどなので、もうちょい粘りたかったようにも思いますが、フラッグとなれば急落の可能性もありますからね。

色々考えましたが、日足で見ても方向感のある大きく狙う相場だとは思えないので、とれるところを獲っておこうということで、全決済しました。

リスクリワード1:1以上なら、理論上勝率5割を超えればお金は増えるわけですし、後は資金管理の問題ですからオッケーでしょう。

その後の値動き

その後はこうなりました。

2017年12月5日ドル円その後の値動き

さらに少し上昇して、想定通り1時間足のMAまで上がってますね。
その後反落しています。

大人しく、1時間足のMAで決済すれば良かったかなぁと思いつつ、そこまで行かないことも多々あるので、自分の判断を信じるしかないですね。

天助のトレードに大きく影響を与えた教材

天助が勝てるようになった理由の一つが、非常に良い教材で勉強できたと言うことがあると思います。

そのおかげで相場観なども身につきましたし、トレードするときの思考なども身についたのかなと思います。

どんな勉強をしたのか、どんな教材なのかについては下の記事にて詳しくかいています。

前ブログ管理者やさすけさんも天助も学んだ教材について
今回記事にするのはこのブログの以前の管理者であるやさすけさんや、私がトレードの基礎や考え方を学んだ教材についてです。

どんなトレーダー…

本当に沢山の教材を買ってきましたが、正直勿体なかったなと今は思っています(ノД`)

だって、他の教材はほとんど役に立ちませんでしたから、お金をどぶに捨てたような物でしたから・・・

いや、社会勉強にはなりましたけどね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする