日足下落中のドル円で調整波の戻りをロングで短期決戦

こんにちは、天助です( ´ ▽ ` )ノ

昨日は陰線で終わったドル円ですが、入るタイミングを逃しノーエントリーに終わりました。

いいポイントあったんですけどね。
見逃してしまいました( ̄▽ ̄;)

今日は何とかエントリーしたいなと思っていましたが、入れそうなチャンスがあったのでエントリーしてみました、

ということで、今日もいつものように日足から見ていきましょうか。
ちょっと分かりづらくなってるんですよね。

トレードの背景とエントリーポイント

まずはドル円の日足からです。

2017年11月28日ドル円日足

下落トレンドといって良いでしょう。
なので基本はショート狙いです。

先週の大陰線からさほど戻しもなくレンジになっていますが、いずれこのレンジは下抜けて下落が継続すると想定しています。

ただ、いつ抜けるかは分からないのですよね。
もうちょい揉むかもしれないし、今日抜けるかもしれない。

目安としては-1σあたりに頭を抑えられてとなるでしょうか。
ひとまず今日は下を狙う物の、下限からのロングも短期なら有りかなという状況です。

というわけで1時間足を見てみます。

2017年11月28日ドル円1時間足

下落トレンド中ですが、昨日のNY時間以降揉み合いになっています。
安値更新後の揉み合いですから、一度買われるかもしれません。

青いラインを引いて、このラインを軸に売買できないかなと様子を見ていたところ、チャンスがあったのでエントリーしました。

ロングしたのはこの場面。

2017年11月28日ドル円エントリー

ちょっと出遅れましたが、青いラインが効いて上昇してるように見えます。
もう2〜3本早くは入れればベストでしたね。

利確は短期なので損切りと同じ値幅でリスクリワード1:1です。
大きな流れは下落なので、上がっても頭を抑えられ、一気に下落の可能性もありますからね。

決済

決済はすぐでした。

2017年11月28日ドル円決済

エントリーから10分ほどでしょうか。
急騰し一気に利確。

全くストレスのないトレードでしたね。
10pipsほどですが、今日もレンジになる可能性があるわけですし十分でしょう。

その後の値動き

その後ですが、こんな値動きになっています。

2017年11月28日ドル円その後

揉み合いですね
良いところをとれたんじゃないでしょうか。

まずまずのトレードだったかな?

天助のトレードに大きく影響を与えた教材

天助が勝てるようになった理由の一つが、非常に良い教材で勉強できたと言うことがあると思います。

そのおかげで相場観なども身につきましたし、トレードするときの思考なども身についたのかなと思います。

どんな勉強をしたのか、どんな教材なのかについては下の記事にて詳しくかいています。

前ブログ管理者やさすけさんも天助も学んだ教材について
今回記事にするのはこのブログの以前の管理者であるやさすけさんや、私がトレードの基礎や考え方を学んだ教材についてです。

どんなトレーダー…

本当に沢山の教材を買ってきましたが、正直勿体なかったなと今は思っています(ノД`)

だって、他の教材はほとんど役に立ちませんでしたから、お金をどぶに捨てたような物でしたから・・・

いや、社会勉強にはなりましたけどね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする