昨日の下落の戻り売りを狙うもブレイクイーブン

こんにちは、天助です(`・∀・´)

今日は昨日の大きな下落の流れに対して、戻り売りを狙ってみました。
昨日は大陰線を出しましたからね。

下落するだろうと思っていましたが、想定よりかなり大きな下落でした。
その戻り売りを狙ったのです。

ではいつものように日足から見てみます。

トレードの背景とエントリーポイント

まずは日足です。

2017年11月23日ドル円日足

ドル円の日足ですが、前日大陰線を出しています。
しかも下げの目標になっていた下限のピンクのラインである111.60あたりを下抜けています。

かなり下げ圧力が強い状況。
今日も売りが入りやすいのですが、やはりピンクラインを抜けた後ですから、利食いの買いも入りそうです。

そこで今日考えられるパターンは反発上昇の陽線、下げきらず揉み合いのコマ足のどちらかが有力かなと思っています。

このまま続いて大きめの陰線というのは難しそうです。
というわけで、戻り売りをするか買うかですね。

そこから先は1時間足をみて考えます。
1時間足チャートがこれです。

2017年11月23日ドル円1時間足

下落から、下の方でレンジを作っています。
これは単純にレンジ戦略で良いので、レンジ上限からはショート、抜ければロングを検討するという状況です。

明らかに上限で抑えられてるので、ショートですね。
エントリーしたのがココです。

2017年11月23日ドル円エントリー

もっと早くエントリー出来るものならしたいのですが、天助に出来たのはココだけですね。
う〜ん、ちょっと遅いですよね〜

決済

決済はこうなりました。

2017年11月23日ドル円決済

半分は損切りと同じ値幅で、残りは損切りにかかりました。
なのでブレイクイーブンです。

う〜ん、レンジ内での動きを想定すれば、半分決済したところで全決済も有りだったのかもしれませんが、そもそも下落トレンドですからね。

これはしょうがないかな〜
今日はこのあたりで終わりにしたいと思います〜

天助のトレードに大きく影響を与えた教材

天助が勝てるようになった理由の一つが、非常に良い教材で勉強できたと言うことがあると思います。

そのおかげで相場観なども身につきましたし、トレードするときの思考なども身についたのかなと思います。

どんな勉強をしたのか、どんな教材なのかについては下の記事にて詳しくかいています。

前ブログ管理者やさすけさんも天助も学んだ教材について
今回記事にするのはこのブログの以前の管理者であるやさすけさんや、私がトレードの基礎や考え方を学んだ教材についてです。

どんなトレーダー…

本当に沢山の教材を買ってきましたが、正直勿体なかったなと今は思っています(ノД`)

だって、他の教材はほとんど役に立ちませんでしたから、お金をどぶに捨てたような物でしたから・・・

いや、社会勉強にはなりましたけどね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする