レンジの中で細かいトレードをするも建値撤退

どうも、天助です(`・ω・´)

昨日もドル円の日足は方向感がなくレンジ内の動き。
今日も方向感は無いんだろうなという想定でした。

レンジ内の動きなので、基本上がれば売り、下がれば買いで考えていて、見つけたチャンスでエントリーするも建値で逃げることに。

いつものように日足からチャートを見てみたいと思います。

トレードの背景とエントリーポイント

まずはいつものように日足から。
日足はやはりレンジ内の動きです。

2017年11月14日ドル円日足

特に、直近数日は全く動きがなくトレードしづらい状況。
これは狙っても超短期ですね・・・、グングン伸びる相場ではないです。

1時間足も見てみます。
青いライン付近で上値が止められているように見えます。

2017年11月14日ドル円1時間足

う〜ん、ここから短期でショートが狙えるかなぁ・・・
悩んでいましたが、5分足で上値が重い感じが見えたのでショートすることに。

エントリーしたポイントはここです。

2017年11月14日ドル円エントリーポイント

5分足で上値を試すも、3回弾かれて大陰線。
ここぞとばかりに、左上の5分足チャートで陰線確定した矢印の足でショートエントリー。

後は少し下げてくれれば、ささっと利確して逃げるつもりでした。

決済

しかし、決済は思った通りにならず。
ここで決済しました。

2017年11月14日ドル円決済

エントリーから多少下げたものの、じわじわ上がってきたのでさっさと逃げ。
建値で決済しました。

今日は方向感もなく、上下に振れる動きになると思っているので、エントリーからストンと下がらなければさっさと逃げる予定でした。

ストンと落ちてもさっさと利確の予定でしたけどね。

その後の値動き

その後ですが、こんな値動きになりました。

2017年11月14日ドル円その後の値動き

大きく上昇した後戻ってきています。
行ってこいですね。

上下に振れるのは想定していたので、上がりきったところでショートするなりしても良かったかなぁという気がします。

この感じだと、明日も上下に振れる値動きかなぁ〜。
連日建値決済なので、何とか利確で終わりたいですね。

天助のトレードに大きく影響を与えた教材

天助が勝てるようになった理由の一つが、非常に良い教材で勉強できたと言うことがあると思います。

そのおかげで相場観なども身につきましたし、トレードするときの思考なども身についたのかなと思います。

どんな勉強をしたのか、どんな教材なのかについては下の記事にて詳しくかいています。

前ブログ管理者やさすけさんも天助も学んだ教材について
今回記事にするのはこのブログの以前の管理者であるやさすけさんや、私がトレードの基礎や考え方を学んだ教材についてです。

どんなトレーダー…

本当に沢山の教材を買ってきましたが、正直勿体なかったなと今は思っています(ノД`)

だって、他の教材はほとんど役に立ちませんでしたから、お金をどぶに捨てたような物でしたから・・・

いや、社会勉強にはなりましたけどね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする