逆張りでロングを狙うも失敗し建値で逃げる

こんにちは、天助です(`・ω・´)

今日はもドル円でトレードしましたが、残念ながら建値で終わってしまいました。

下落したところを逆張りで拾ったのですが、反発が思った以上に少なく、早めに決済ということで建値で逃げています。

日足レベルであまり動きがないと思ったので、逆張りをしたのですがうまくいきませんでしたね。

それでは、いつものようにトレードした背景とエントリーポイントをチャートで見ていきたいと思います。

トレードの背景とエントリーポイント

まずは日足から。
先週末、十字線で終わっていて、完全にその前の大きめの陰線に内包されている形です。

そもそも、ここ1〜2週間の動きが典型的なレンジ相場。

2017年11月13日ドル円日足

ピンクのライン内のレンジと判断し、今日は逆張りでせめようと計画しました。
基本は下がれば買い、上がれば売りですが、大きな目で見ると上昇トレンド中なので、下限からの買いを狙います。

そして1時間足。

2017年11月13日ドル円1時間足

正直、この1時間足でチャンスを見いだすのは難しいです・・・。
ただ、大きな陰線で下げているので、もし今日もレンジ内の動きなら、下がったところは買われる動きかなと思ってエントリーチャンス探しました。

そしてエントリーしたのが、下のポイントです。

2017年11月13日ドル円エントリーポイント

左上の5分足でWを形成しつつある右側の2回目の安値試しが失敗したところで買いました。

この後下がるにしても、いったんレンジになるか、うまくいけば上昇する可能性があると思ってのエントリーです。

もちろん逆張りなので、逃げ足は早めにと考えていました。
利確は損切りと同じ値幅にしていますので、少し戻れば利確という感じです。

決済

結局、思惑通り?なのですが、レンジになってしまいました。
レンジになると、この後下げる可能性が上がるので、早々に逃げることに。

2017年11月13日ドル円決済

もう1pips上昇してくれれば利確の指し値にかかったのですが、残念ながら利確目前で反落したので、建値で逃げました。

残念ですが、こんなものでしょう。

先週あたりから忙しいのもありましたが、何よりチャンスが無くてほとんどトレード出来ていません。

ドル円だけしかみていないので、日足レベルでここまでレンジが続くと中々手が出ませんね。

レンジ中はレンジ戦略と割り切って、明日もチャンスが無いか監視してみようと思いますが、正直レンジは難しいのですよね(ノД`)

天助のトレードに大きく影響を与えた教材

天助が勝てるようになった理由の一つが、非常に良い教材で勉強できたと言うことがあると思います。

そのおかげで相場観なども身につきましたし、トレードするときの思考なども身についたのかなと思います。

どんな勉強をしたのか、どんな教材なのかについては下の記事にて詳しくかいています。

前ブログ管理者やさすけさんも天助も学んだ教材について
今回記事にするのはこのブログの以前の管理者であるやさすけさんや、私がトレードの基礎や考え方を学んだ教材についてです。

どんなトレーダー…

本当に沢山の教材を買ってきましたが、正直勿体なかったなと今は思っています(ノД`)

だって、他の教材はほとんど役に立ちませんでしたから、お金をどぶに捨てたような物でしたから・・・

いや、社会勉強にはなりましたけどね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする