下落トレンドで売りではいるも痛恨の損切り

どうも、天助です( ´ ▽ ` )ノ
今日は久しぶりかな?損切りになってしまいました。

下落方向に動くかなという想定でしたが、思惑が外れ上昇してしまって損切りでした。

当然トレードしていれば、損切りもちょこちょこあるハズなので、ここしばらくが調子よすぎたかな?という気がします。

それではいつものようにチャートを見ていきたいと思います。

相場の背景とエントリーポイント

まずは日足から見ていきます。

2017年10月31日ドル円日足

先週の金曜日高値をつけた後、昨日は陰線で引けました。
昨日の陰線で、高値付近の価格帯の小さなレンジは下抜けたかなという感じ。

今日は売りで入りたい感じです。
4時間足を見てみます。

2017年10月31日ドル円4時間足

完全にダブルトップが出来て、ネックラインを割り込んでいます。
どう考えても売り圧力が強そうですが、単純に売りに行くとやられるんですよね・・・

でも積極的に買いたい場面ではないので、やはり売り狙いで考えます。

そしていつもの4画面チャート。

2017年10月31日ドル円エントリー

1時間足のMAに抑えられて上値が重くなったのを感じた矢印の足でショートエントリー。
ただ、ここで素直にショートするのは危険かなぁと嫌な感じはしてました。

決済

決済はこうなりました。

2017年10月31日ドル円決済

少し下がったものの、その後ピンクのラインに反応し急上昇。
このピンクのライン、前日安値です。

ロングも考えたいような場面ですね。
ただ、上位足が軒並み下方向を示唆していたので、無理にショートで入りましたが、もっと1時間足以下のラインの動きを信じても良かったかなと思います。

損切りは残念ですが、当然こういうこともあるので仕方がないです。

その後の値動き

その後ですが、大きく上昇してます。

2017年10月31日ドル円その後の値動き

損切りできて良かったです。
ただ、発想を少し変えて、前日安値ラインでの反発をロングで拾えたらベストでしたね。

1時間足は明らかにトレンドが長い間出ていたので、そろそろ戻りも入りそうな局面だったし、ロングも検討の余地はあったように思います。

今回の上昇は4時間足のダブルトップ右側でショートで入った人の利確、4時間足ネックラインブレイクを見越して早くはいった人の利確、1時間足下落トレンドに乗ってた人の利確、そしてネックラインブレイク&日足レベルのレンジブレイクでショートで入った人の損切りを巻き込んで上昇していったという感じでしょうか。

十分想定できた展開です。
次回からは気をつけようと思います。

天助のトレードに大きく影響を与えた教材

天助が勝てるようになった理由の一つが、非常に良い教材で勉強できたと言うことがあると思います。

そのおかげで相場観なども身につきましたし、トレードするときの思考なども身についたのかなと思います。

どんな勉強をしたのか、どんな教材なのかについては下の記事にて詳しくかいています。

前ブログ管理者やさすけさんも天助も学んだ教材について
今回記事にするのはこのブログの以前の管理者であるやさすけさんや、私がトレードの基礎や考え方を学んだ教材についてです。

どんなトレーダー…

本当に沢山の教材を買ってきましたが、正直勿体なかったなと今は思っています(ノД`)

だって、他の教材はほとんど役に立ちませんでしたから、お金をどぶに捨てたような物でしたから・・・

いや、社会勉強にはなりましたけどね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする