ユーロドルでブレイクイーブン!連勝とはいきませんね

どうも、天助です(`・ω・´)
先日に続いて、今日も何とか勝ちたいと思っていましたが、そううまくはいきません。

昨日はポンドドルで利確が早すぎてイマイチなトレードでしたが、今日はユーロドルでブレイクイーブンとなりました。

後からみれば、利確を早期におこなえばしっかり利益になった部分ですが、どこまで伸びるか分からない状態でどこが適切な利確場所かは、個別のトレードごとにはわかりません。

なので、一貫して毎回同じように利確するしかないのですよね。
今回はトレンド方向に仕掛けていましたし、伸ばそうと思ってブレイクイーブンになったのなら仕方がないです。

では、本日のトレード、いつものように背景からみていきます。

トレードの背景とエントリーポイント

今日のユーロドルのチャートです。

2017年9月28日ユーロドル

日足(左下)は陰線が続いていて下落中。
少し前の揉み合いがあるので、下げ止まる可能性はあるもののショートで狙いたい場面。

4時間足(右下)も明らかに下落中です。

1時間足(右上)も下落トレンド継続中で、どこかで売りたい場面。
1時間足をみて青いラインを引きました。

5分足(左上)でこの青いラインが効けばショートしようと思っていたところ、矢印のラインが効いて大きな陰線がでたのでショートエントリー。

後は下落トレンドが継続してくれるのを待つだけです。

決済

決済はドキドキした展開でした。
半分は数時間後何とか決済できたものの、その後急上昇となりました。

2017年9月28日ユーロドル決済

半分決済できたのは、まさにこの時点では最安値。
良いタイミングです。

半分決済できたポイントを底に急上昇し、損切りラインに到達。
プラマイゼロでブレイクイーブンとなりました。

1pipsでも安値が高ければ負けトレードだったかもしれませんね・・・。
こういうときは、半分決済のポイントで全決済できてればなぁなんて思いますが、未来予知でもできなかぎり無理なので諦めます。

でも、この後急落したら悔しいですね・・・( ̄▽ ̄;)

その後の値動き

その後はこのような値動きになりました。

2017年9月28日ユーロドルその後

結局その後は上昇。
損切りできて良かったです。

1時間足でみるとダブルボトムを形成するかもしれませんね。

日足レベルでも、このあたりに買い勢力がいても不思議じゃないポイントですし、この後レンジや再下落になる可能性もありますが、いったんは買い勢力が入ったという感じでしょうね。

ブレイクイーブンで終われて良かったです〜

天助のトレードに大きく影響を与えた教材

天助が勝てるようになった理由の一つが、非常に良い教材で勉強できたと言うことがあると思います。

そのおかげで相場観なども身につきましたし、トレードするときの思考なども身についたのかなと思います。

どんな勉強をしたのか、どんな教材なのかについては下の記事にて詳しくかいています。

前ブログ管理者やさすけさんも天助も学んだ教材について
今回記事にするのはこのブログの以前の管理者であるやさすけさんや、私がトレードの基礎や考え方を学んだ教材についてです。

どんなトレーダー…

本当に沢山の教材を買ってきましたが、正直勿体なかったなと今は思っています(ノД`)

だって、他の教材はほとんど役に立ちませんでしたから、お金をどぶに捨てたような物でしたから・・・

いや、社会勉強にはなりましたけどね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする