ポンドドルで逆張りロング!早めの決済で利確

どうも、天助です(`・∀・´)
本日はポンドドルでトレードしました。

あまりチャンスらしいチャンスもなく、とりあえず短期的に入れそうなところで入ってみたという感じでしょうか・・・

もちろん、相場が動き出して、しっかり大きく狙えるトレードができるようになるまで待つというのも一つの方法ですし、それが正しいのかもしれませんが・・・。

でも、それじゃあいつトレードできるか分からないし、そもそもトレードしないとスキルも向上しませんからね。

天助は短期トレードでもチャンスがあれば積極的に入ります。
というわけで、今日の短期のトレードを記録します〜

相場の背景とエントリー

今まで各時間足ごとにチャートを載せてましたが・・・ちょいと面倒になったので4枚まとめて載せます。

ど〜ん!

2017年8月9日ポンドドル

まず日足からですが、左下になります。
連日陰線が続いて20MAも抜けちゃってます。

こりゃ下落の可能性も大いに有り、ロングで入るとしても長く保有するのは危険な気がします。

次に4時間足ですが、右下のチャートになります。
これを見ても下落中です。

買いたいという気にはなれませんね。

そして1時間足ですが、右上のチャートですね。
これは右肩上がりのWを作っています。

ネックラインからの反発狙いのロングを短気でとれるかな?と思って。エントリーチャンスを探してみました。

右上の5分足の矢印のところでロングしてます。
ちょうど1時間足のネックラインに当たって反発したところです。

レンジ帯のブロックが5分足の直上にありますが、ここの下ブレイクはダマしに終わるかな?という感じです。

当然ですが、グングン伸ばせるものではないので。リスクリワード1:1で設定。
4時間足以上は下落ですからね。

決済

決済は割とすぐでした。

2017年8月9日ポンドドル決済

その後スルスルあがり目標地点到達したので決済です。
上値抵抗のトレンドラインが引けましたので、それをブレイクしてひと伸びしたところで決済という感じですね。

このまま、ブレイクでグングン上がるとは思えないので、さっさと決済します。

その後の値動き

その後ですが、こんな感じになりました。

2017年8月9日ポンドドルその後

まぁ、この後のNY時間どうなるか分かりませんが、決済したところを頂点に今のところは下落しているので、まずまずの利確だったように思います。

自分でもびっくりするくらいドンピシャの決済ですね。
ラッキーでした。

以上本日のトレードです。
もともと伸びないだろうと思っていたところを狙った短期トレードですし、計画通りできたように思います。

天助のトレードに大きく影響を与えた教材

天助が勝てるようになった理由の一つが、非常に良い教材で勉強できたと言うことがあると思います。

そのおかげで相場観なども身につきましたし、トレードするときの思考なども身についたのかなと思います。

どんな勉強をしたのか、どんな教材なのかについては下の記事にて詳しくかいています。

前ブログ管理者やさすけさんも天助も学んだ教材について
今回記事にするのはこのブログの以前の管理者であるやさすけさんや、私がトレードの基礎や考え方を学んだ教材についてです。

どんなトレーダー…

本当に沢山の教材を買ってきましたが、正直勿体なかったなと今は思っています(ノД`)

だって、他の教材はほとんど役に立ちませんでしたから、お金をどぶに捨てたような物でしたから・・・

いや、社会勉強にはなりましたけどね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする