ユーロ円窓開けトレードでブレイクイーブン!窓は埋めるといわれているが・・

どうも、天助です( ´ ▽ ` )ノ
今日は、ユーロ円で窓を開けてスタートでした。

ユーロ円に限らず、ドル円やユーロドルも窓を開けて上昇した状態でスタートしていますが、通常逆の動きをするドル円とユーロドルが同じ動きをするのなら、ユーロ円の動きが大きくなるので、通貨はユーロ円にしました。

今回の窓明けの理由は恐らくフランスの大統領選の結果を受け手のものだと思うので、主役は円ではなくユーロですからね。

窓埋めを狙ってのトレードは普段はあまりしないのですが、今回はトレードを執行。

窓は埋めるといわれていますが、毎回必ず埋めるわけじゃありませんし、埋めるにしても埋めるまでにどのくらい時間がかかるかも天助にはわかりません。

なので、普段はやりませんが、今回は理由があってトレードを執行しています。
今回天助が窓埋めトレードで勝てそうだな・・・と思った理由と共に、今回のトレードを紹介したいと思います(`・∀・´)

スポンサーリンク

各時間足のエントリー時のチャート

今回は最初に各時間足の状況からみてみたいと思います。
まずは1時間足からです。

2017年4月24日ユーロ円1時間足

思いっきり窓開けてますね・・・
先週の動きは何だったんだというくらいすごい窓です。

ちなみにエントリーは矢印の足で行ってます。
1時間足を見る限りでは、ある程度押し目を作ったら買いたいという感じでしょうか。

4時間足の状況がこれです。

2017年4月24日ユーロ円

4時間足でみてもすごい窓です。
窓埋め方向にショートしておいて何ですが、本当に埋めるんでしょうか・・・

埋めずにどこかで反発して上昇ってシナリオの方が説得力がありそうです。

日足の状況がこれです

2017年4月24日ユーロ円日足

わぉ、日足でみてもかなりの窓。
過去にこんなに窓を開けた例はそう多くありませんね。

ざっと日足を見る限り、ここまで窓を開けたのは2016年6月27日ぶり。
イギリスEU離脱国民投票後の月曜日でしょうか。

フランス大統領選はそれくらいのインパクトがあったということですね。

いずれのチャートもテクニカル的な要素を見いだすのは難しく、1時間足や4時間は大幅上昇で上昇トレンドに転換の可能性も感じますし、日足は下落トレンド中のかなり大きく戻した局面にも見えます。

こういったイベントで動くときは、天助はあまりテクニカルは信用しないことにしています。

エントリーした理由

元々窓は埋めるという根拠を元に埋める方向にポジションを持つ、いわゆる窓埋めトレードはしない天助ですが、今回はトレードしました。

その理由について書きたいと思います。

今回窓をあけたのはフランス大統領選の結果を受けてのものと思います。
事前予想はEUに残留派の中道マクロン氏と極右国民戦線のルペン氏が決選投票になるだろうというものでした。

そして決選投票の結果、マクロン氏が大統領になるというのが市場のコンセンサスかと思いますし、この記事を書いている月曜日の午前中の時点ではその想定通りの展開となっています。

基本、想定通りのシナリオとなった場合、相場はそう大きく動きません。
むしろ今回の場合、想定通りマクロン氏のEU残留でユーロ円は上昇するとにらんだ勢力がすでに上昇側にポジションを仕込んでいて、月曜日に素人が買いに走ったところで大量の利確が出て下落するという流れになることがデイトレードレベルでは多いように思います。

何でEU残留でユーロ円は上がるはずなのに、レートは下がるんだ!という素人が良く負けるパターンの一つです。

しかし、今回はちょっと毛色が違うように思いました。

事前の折り込みが今までと違う気がした

いつもはEU残留派のマクロン氏が事前予想で勝つだろうと思われる場合、ユーロ買いになるのでユーロ円は上昇方向へ事前に仕込む人が多いはずです。

しかし、ブレグジットやトランプ氏当選など事前予想が外れ、思わぬ結果になった記憶が恐らく皆の頭にあり、今回の事前予想のマクロン氏が勝つというシナリオへの折り込みがいつもより少なかったんじゃないかと天助は思いました。

だから月曜日の朝、マクロン氏の想定通りの結果を受けて、本来折り込んであったハズのレートまで大きな窓を開けるほどユーロが買われた。

それと、過去2回の事前予想が外れたという事実を折り込んで、ユーロ売りで仕込んだ勢力もいたはずです。

つまり、想定される有力シナリオが外れると、大きく儲けるチャンスで、その可能性は過去2回の例を見る限りあり得る。

そう思う人がいれば、マクロン氏大敗でユーロは下落するとし、ユーロ売りを事前に仕込んでいる勢力がある程度いてもおかしくないです。

結果、月曜日は想定シナリオ通りの結果となり、ユーロ売りをしていた人のショートカバー、買い戻しも入り大きな上昇を見せたのだろうと天助は感じました。

ただ、これは本来折り込まれるはずだったポジションが、結果が出てようやく折り込まれた状態になったというだけの話しです。

想定通りの結果が折り込まれたレートに、窓明けの急上昇や選挙結果を見てロングで入ってきた最後のロング勢が一通り買った後どうなるか・・・

天助は、事前に仕込んでいた人の利食いで一段下がり、後乗りで月曜日の朝にロングした人の損切りでさらなる下げがあると想定しました。

これが天助が今回窓埋めのショートエントリーを執行した理由です。
もちろん、この想定は全然的外れかもしれませんし、事実は神様しか分かりませんので、自分でどう想定しそれに対してどう動くか、そこが重要だと思っています。

当然、まだまだ折り込み不足でガンガン上昇するとか、ここから上昇トレンドが始まるという可能性ももありますが、この後マクロン氏とルペン氏による決選投票が待っていますから、それまではまだ大きく動く人は少ないのかなと天助は思っています。

そこで大きく有力なシナリオが外れる自体もあり得ますからね。
そのシナリオが崩れることを警戒している人がいるほど、ユーロは買われづらいのかなと。

ならばポジションの巻き戻しが入り、ある程度窓を埋める可能性の方が高いんじゃないかと想定しています。

エントリー執行ポイント

以上のような理由で、テクニカル的には天助は根拠を見いだせなかったのですが、窓埋めを期待してショートエントリーすることにしました。

エントリーは5分足で行ってます。

2017年4月24日ユーロ円窓埋めエントリー

ダブルトップをつけて、そのネックラインでの反発を確認してショートです。
想定通り下げてくれれば良いのですが、普段しないトレードなのでドキドキしますね。

ボラティリティも非常に大きいですし、ルール外のトレードなのでロットは普段の半分以下です。

決済

今回の窓埋めトレードの決済ですが・・・
まずロットの半分はいつも通り、損切りと同じ値幅で利確しました。

119.261のところです。

2017年4月24日ユーロ円決済1

これで最悪でもブレイクイーブンで負けはなくなったのですが、残り半分は118円ちょうどのあたりまで落ちてくるのを待ちたいです。

今のところは順調に下落していますが。この後どうなるか・・・
転換して、窓埋めせずに上昇に転じてしまいそうなら損切り待たずに手仕舞うことも視野に入れています。

その後こんな状態でもみ合ってしまっています。

2017年4月24日ユーロ円その後1

う〜ん・・・決済して利益を確定させても良いのですが、現状最悪の結果でもブレイクイーブン、運が良ければ比較的大きな利確という勝負ですから、ここで逃げる理由もないのですよね。

もうちょい待ちたいのですが・・・
久しぶりに年に何度かしかやらない、オーバーナイトをしようと思います。

結果は明日また更新します(`・∀・´)

翌日の決済

昨日のユーロ円ですが、一晩持ち越して今日決済しました。
結果は残念ながら残り半分は損切りになりブレイクイーブンですね。

2017年4月25日ユーロ円決済

1日半のトレードで実入りは0ですから、中々厳しいものでした(ノД`)
ただ、昨日半分利確したことで損失になることはないので、精神的には楽でしたね。

今回のトレードの反省

今回のトレードの反省ですが、慣れないことはするもんじゃないってことでしょうか・・・

窓開けトレード自体そもそも経験があまりなく、するべきじゃなかったかもしれませんし、オーバーナイトも基本しない方針なので、昨日のうちに利確しちゃえば良かったんじゃない?という気がしてなりません。

慣れないことやって良い結果になったためしがないので、やめておくべきでした。
開いた窓は埋めるという話しは聞いたことがありますが、実際それで稼いだ記憶も無ければ、本当に埋めるのか、埋めるまでにどれくらい時間がかかるのか検証したこともないのでやるべきではありませんでした。

もし、この窓が窓じゃなく、大きな陽線だとしたら、完全に天助の見方は逆です。
下がったらロングを仕掛けたい、そう考えたことでしょう。

窓を開けたからという理由だけで、通常の見方とは逆にポジションを持ったのは間違いだったように思います。

正直、監視しているときに何度も上昇するんじゃないかと思うこともありました。
特に、1時間足のオレンジの足が確定した時です。

2017年4月25日ユーロ円その後1時間足

下を試した陰線を全戻ししたこの陽線で、もし上昇するだろうと買い場を探していたらロングしていたでしょうね。

実際、手持ちの売りポジションを決済しようか悩みましたが、経験の少ないオーバーナイトですしルール通り待つことにしました。

今回一つ上出来だったのは、最初に決めた決済を最後まで守り切ったということでしょう。
この方が良い結果に繋がることが多いので、やきもきしましたがしっかり待てたという経験だけは今回の収穫です。

かなり大きな窓なので、今後の動きはイマイチ読みづらいですが、チャンスがあれば今日でも明日でもトレードしようと思います(`・∀・´)