ドル円でロング!すぐに利確でノンストレストレードでした

どうも、天助です(´∀`=)
月曜日はノートレードで終わる日が多いのですが、今日はできればトレードしたいなぁとチャートを眺めていました。

最近はドル円と相性が良いみたいで、天助的にもやりやすいということもあり、いつも以上に注目していたのですが・・・

チャンスがあったのでロングしてみました。

基準としたのはドル円の1時間足です。

2017年4月10日ドル円1時間足

こうして見ると比較的大きなレンジ内の動きなんですが、レンジ上限までを狙うロングトレードとなりました。

先週末の大きな上昇の押し目からの再上昇を狙いました。
ちょうど効きそうなラインで反発したので、さらに上昇することを見込んでという感じです。

レンジ内トレードといえば上値ラインから売る、下限ラインから買うというのが基本ですが、今回は上位の時間足の流れを見る限り、上方向に行く可能性が高いと考えていましたので、ロングでの勝負となりました。

いつも通り、日足や4時間足で相場の方向性を見極めて、1時間足でエントリーするポイントを決めて、5分足でタイミングをとる、これを実行したまでです。

とはいえ強力なレンジ上限ラインもあるので、レンジ上限突破を待ってからロングでも良かったんですけど、今回は短期でレンジ上限に向かうところを狙いました( ̄▽ ̄;)

では上位足の状態も見てみようと思います。

上位時間足の環境

まずはいつも通り4時間足からです。

2017年4月10日ドル円4時間足

大きく見れば、大きな下落の後、一度戻すものの再度下落したが安値を抜けられず戻ってきたという感じです。

さらに細かく見れば安値を何度も試しに行ってますが中々抜けられないという感じ。
この安値が110円なのですが、110円のラインは固そうです。

売りではいるには少々110円ラインが気になりますし、ここまで売られても何度も反発しているということなら、ロングで入るのもありかと思います。

日足がこんな状況。

2017年4月10日ドル円日足

しばらく続いたレンジを下抜けた後、レンジ下限でレジサポ転換し再度下落。
しかし、安値を更新できず上昇しつつあるという状況です。

Wボトムの形成過程でもありますね。
トレンドとしては下落ながら、ここではロングしたい場面で、買いで攻めたいところですね。

以上の上位足の環境、特に日足の状況をみて、1時間足はレンジ上限付近ですがロングで入る戦略を考えました。

エントリー

エントリーは5分足で行いました。
いつもそうなんですが、月曜日ってエントリーのタイミングが難しいんですよね・・・

東京時間の午前中は特にですが、他の曜日とちょっと違う印象があります。

エントリーしたのは黄色い矢印の足。

2017年4月10日ドル円エントリー

タイミング的には上がりすぎ感のある場所でした。
本当なら、黄色い帯ラインあたりで入りたかったんですが、思ったより上昇の勢いが強くで戻しがなかったんですよね・・・

1時間足と合わせて見ると分かりやすいのですが・・・

2017年4月10日ドル円1時間足

直前の上昇が起こり、黄色帯ラインまで戻しが入ったものの、勢いよく上がってしまってライン付近では入れませんでした。

しかし、こういった場合浅い戻しでも2波目の上昇がくることが多いのは過去検証から分かっていましたので、5分足でタイミングをとってエントリーとしました。

ただ、得意のパターンではなかったのでロットは減らしてます。

決済

決済は早かったです。
ロングエントリー直後からストレスなく上昇。

半分はいつも通り損切りと同じ値幅で決済、残りは111.50のちょい手前で決済しました。

2017年4月10日ドル円決済

今回はめちゃくちゃストレスのないトレードでした〜
こういうときにロットを減らしちゃダメですよね(ノД`)

その後の値動き

その後ですが、揉み合いになってしまいましたね。

2017年4月10日ドル円その後

良いところで利確出来たんじゃないでしょうか。
ここで膠着状態になるということは、1時間足のレンジ上限からの売りと日足レベルのWを意識して買いで膠着しているのでしょう。

いずれどっちかに動き始めると、片方の損切りを巻き込んで大きく動きそうですね。

今回のトレードの反省点

今回の反省点ですがやはりロットを落としてしまったことでしょうかね。
ある程度根拠が無きゃ入りませんし、入ると決めた以上きちんとリスクをとってエントリーすべきでした。

天助の場合3回トレードすれば2回勝って1回は負けます。
貴重な勝ちのうちの1回をロットを落として勝負すれば、利益を確保するのは中々難しくなってしまいます。

たまたまロットを落としたときに負ければ良いのですが、勝率は今のところ50%以上なのでロットを下げれば勝ちトレードの利益を減らす可能性の方が高いわけですからね。

今回はリスク管理に失敗したトレードでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする